ハルタ カズオ  haruta kazuo
春田 和男

  • 所属   東京家政大学  人文学部 教育福祉学科
  • 職種   准教授
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 戦後日本における英米の図書館専門職論の導入に関する考察
掲載誌名 正式名:日本生涯教育学会論集
ISSNコード:13476254
掲載区分国内
巻・号・頁 (36),33-42頁
著者・共著者 春田和男
発行年月 2015/09
概要 文献調査を基に、戦後、英米の図書館専門職論について、どのような内容が、どのような形で紹介され、導入されたのかを明らかにし、考察を行った。その結果、1)多くの紹介者が挙げている英米の図書館専門職論には、米国の社会学者のグードが1961年に発表した論文と、米国の産業社会学者のウィレンスキーが1964年に発表した論文の2本があること、2)グードの論文では専門職の特徴と図書館員の専門職性、ウィレンスキーの論文ではある職業が専門職化するまでの過程が紹介されていること、3)グードとウィレンスキーの論文を両方紹介している大学教員がおり、他の関係文献も参考に、準専門職の概念を紹介しているほか、職能団体の重要性について指摘していることが明らかになった。