ミヤ サトコ  
宮 聡子

  • 所属   東京家政大学  家政学部 栄養学科
  • 職種   准教授
論文種別 その他
言語種別 英語
査読の有無 査読あり
表題 Efficacy of propidium monoazide on quantitative real-time pcr-based enumeration of Staphylococcus aureus live cells treated with various sanitizers
掲載誌名 正式名:Journal of Food Protection
略  称:J Food Prot
ISSNコード:19449097/0362028X
掲載区分国外
巻・号・頁 81(11),pp.1815-1820
著者・共著者 H. Takahashi, R. Kasuga, S. Miya, N. Miyamura, T. Kuda, B. Kimura.
発行年月 2018/11
概要 リアルタイムPCRにおいて生菌のみをカウントする方法としてPMAが良く用いられているが、殺菌剤で処理された細菌についてPMAが有効か否かを検証した報告はない。食中毒菌のひとつである黄色ブドウ球菌を6種類の殺菌剤で処理し、生菌と一定の割合で混合した後、PMAを用いたリアルタイムPCRで菌数測定を行った。結果として、殺菌剤の方法によってはPMAを用いたリアルタイムPCRでの菌数測定は有効ではないことが示唆された。
DOI 10.4315/0362-028X.JFP-18-059
PMID 30307759