ミヤ サトコ  
宮 聡子

  • 所属   東京家政大学  家政学部 栄養学科
  • 職種   准教授
論文種別 その他
言語種別 英語
査読の有無 査読あり
表題 Adaptation of Campylobacter jejuni to biocides used in the food industry affects biofilm structure, adhesion strength, and cross-resistance to clinical antimicrobial compounds.
掲載誌名 正式名:Biofouling
略  称:Biofouling
ISSNコード:10292454/08927014
掲載区分国外
巻・号・頁 32(7),pp.827-839
著者・共著者 P. Techaruvichit, H. Takahashi, T. Kuda, S. Miya, S. Keeratipibul, B. Kimura.
発行年月 2016/06
概要 低濃度の殺菌剤に曝露することがカンピロバクターが耐性を獲得することにつながるか検証を行った。カンピロバクターを5種類の低濃度の殺菌剤に曝露したところ耐性を獲得した上に、バイオフィルムの3D構造を変化させ、表面接着性をより強固にした。このことから、誤った濃度での殺菌剤の使用はバイオフィルムを増強させ、食中毒リスクを高めるということが示唆された。
DOI 10.1080/08927014.2016.1198476
PMID 27353218