ミヤ サトコ  
宮 聡子

  • 所属   東京家政大学  家政学部 栄養学科
  • 職種   准教授
論文種別 その他
言語種別 英語
査読の有無 査読あり
表題 Growth and toxin production of proteolytic Clostridium botulinum in aseptically steamed rice products at pH 4.6 to 6.8, packed under modified atmosphere, using a deoxidant pack.
掲載誌名 正式名:Journal of Food Protection
略  称:J Food Prot
ISSNコード:0362028X/0362028X
掲載区分国外
巻・号・頁 71(3),pp.468-472
著者・共著者 B. Kimura, R. Kimura, T. Fukaya, K. Sakuma, S. Miya, T. Fujii.
発行年月 2008/03
概要 無菌包装米飯を低pHで包装したときの、ボツリヌス菌の増殖と毒素産生のリスクを検証した。これまでの研究により酸素濃度が0.3%以下で本菌が毒素を産生することが分かっているが、この酸素濃度でもpH4.9以下であれば毒素を産生しないことが明らかとなった(30℃24週間)。そしてそれ以上のpHでは、pH5.4以上では2週間で毒素産生が確認され、pH5.2-5.3では4週間、pH5.0-5.1では12週間で毒素産生が確認された。
DOI 10.4315/0362-028x-71.3.468
PMID 18389687