ミヤ サトコ  
宮 聡子

  • 所属   東京家政大学  家政学部 栄養学科
  • 職種   准教授
論文種別 その他
言語種別 英語
査読の有無 査読あり
表題 Effects of environmental factors on histamine production in the psychrophilic histamine-producing bacterium Photobacterium iliopiscarium.
掲載誌名 正式名:Food Control
掲載区分国外
巻・号・頁 52,pp.39-42
著者・共著者 H. Takahashi, M. Ogai, S. Miya, T. Kuda, B. Kimura.
発行年月 2015/06
概要 海産魚類を低温管理していても食中毒の危害要因となる、低温増殖性のフォトバクみテリウム属菌のヒスタミン生成について検証した。検証した全ての温度帯(5℃、10℃、20℃)でヒスタミンの生成が確認され、さらに低pH域で高レベルの生成が認められた。これにより、低pHの食品においては低温保存でもヒスタミン食中毒の危険性があることが示唆された。