コニシ ヤスコ  konishi yasuko
小西 康子

  • 所属   東京家政大学  家政学部 栄養学科
  •     東京家政大学大学院  人間生活学総合研究科 健康栄養学専攻
  •     東京家政大学短期大学部  短期大学部 栄養科
  •     東京家政大学大学院  人間生活学総合研究科 人間生活学専攻
  • 職種   教授
言語種別 日本語
種別 不明
表題 共同作用のCD
書名 血色素の分子生理と分子病理(蛋白質核酸酵素, 臨時増刊 Vol.32 No.6)
版・巻・頁 594-600頁
総ページ数 450
出版社共立出版
出版地
(都市, 国名)
東京
著者・共著者 米山良昌, 小西康子
発行年月 1987/05
概要 ヘモグロビンのCDについての総説。溶液中でのヘモグロビンの構造を調べる手段として、CD測定は非常に有効である。ヘモグロビンは蛋白質部分に加えてヘムをもっており、このヘムはまわりの環境に非常に敏感であるからだ。波長領域ごとに例を挙げ、CDスペクトルから得られる情報を解説した。