タカミザワ マサル  takamizawa masaru
高見澤 勝

  • 所属   東京家政大学  子ども学部 子ども支援学科
  • 職種   教授
言語種別 日本語
種別 不明
表題 高IgE血症を伴うHyper-eosinophilic syndromeにおけるcytokine産生
書名 厚生省特定疾患免疫不全症候群調査研究班平成3年度研究報告
出版社 *
出版地
(都市, 国名)
*
著者・共著者 鴨下重彦, 岩田力, 高見澤勝, 早川浩, 福田健
発行年月 1992
概要 好酸球増多症の患者からT細胞クローンを樹立し、サイトカイン産生について正常者と比較した。患者ではCD4,8のクローンでIL-5の過剰産生が、CD4クローンでIL-4の過剰産生が認められた。IL-5の産生経路の分子異常が推定された。