イシカワ マサノリ  ishikawa masanori
石川 昌紀

  • 所属   東京家政大学短期大学部  短期大学部 保育科
  •     東京家政大学  家政学部 児童学科
  • 職種   講師
言語種別 日本語
発表タイトル 体験知を道標とした保育教職実践演習の授業検討-特別支援学校での体験を通して学びを拓く-
会議名 全国保育士養成協議会第53回研究大会
学会区分 全国規模の学会
発表形式 ポスター掲示
発表者・共同発表者石川昌紀
発表年月日 2014/09
開催地
(都市, 国名)
九州
概要 学びの軌跡の集大成として位置付けられた新たな科目である保育・教職実践演習において、保育の質を向上させるためにインタープロフェッショナルは欠くことができない重要なこととして考え、2011年度入学生から特別支援学校での体験を導入した。その趣旨・目的は、①施設環境や役割について学ぶ。②障害のある子どもや特別な教育的ニーズのある子どもの学校生活から理解を深める。③実際の授業場面を観察することから、保育者に必要な基礎的知識の補完や実践力を養うことである。そこで本研究は、特別支援学校の体験について省察したレポートの記述分析をすることから、学生一人ひとりの学び(保育者としての資質や役割の再考、新たな教育・保育観への築き)を抽出し、本科目の趣旨に照らし合わせて考察することを目的とした。結果から「保育者になる私」への意識変化が明らかにみられた。今後、保育現場で働く際の新たな動機づけになると考えられる。保育の営みとは生活そのものであり、保育者であると同時に子どもと日常の機微を同化する生活者である以上、子どもの育つ様々な場所に赴いた体験から私性を問い直すことが大切であると示唆された。常に子どもの姿や生活の実感が伴う体験知を包括して、重層的に学ぶことの意義を確認した。