タナカ サナエ  tanaka sanae
田中 早苗

  • 所属   東京家政大学  家政学部 服飾美術学科
  •     東京家政大学大学院  人間生活学総合研究科 造形学専攻
  • 職種   准教授
項目区分 教育方法の実践例
期間 2010/10~
事項 服飾系技術教育における学習支援システムの運用
概要 被服学において衣服の構造を学ぶために基礎的な縫製技術を習得することは不可欠で、これらを解りやすく解説するために動画の提示が有効である。被服製作は予想以上に時間が掛かるので縫製作業は自宅で行われることが多い。Moodleを用いる利点は、eラーニング本来の機能である自習・自主学習を補うためのリソースの更新や再編が容易で利用者を限定できるところにある。さらに、フォーラム機能によって技術教育に協調学習の要素を取り入れることが可能となる。