(最終更新日:2018-10-17 20:38:23)

マツオカ ヨウコ  matsuoka yoko
松岡 洋子

  • 所属   東京家政大学  人文学部 教育福祉学科
  •     東京家政大学大学院  人間生活学総合研究科 教育福祉学専攻
  • 職種   准教授

学術雑誌

学歴

  • 1.
    2004/04~2007/03
    関西学院大学大学院 社会学研究科 社会福祉学専攻 博士課程単位取得満期退学
  • 2.
    2008/03/31
    (学位取得)
    関西学院大学大学院 博士(社会福祉学)(社会福祉学)
  • 3.
    2002/04~2004/03
    関西学院大学大学院 社会学研究科 社会福祉学専攻 修士課程修了
  • 4.
    1997/08~1998/01
    国立コペンハーゲン商科大学 国際留学コース 留学
  • 5.
    1983/04~1987/03
    岡山大学 経済学部 第二部経済学科 卒業

学会発表

所属学会

社会における活動

  • 1.
    2017/04~2018/03
    厚生労働省老人保健健康増進等事業「高齢者の自立に向けた介護予防やリハビリテーション等についての国際比較研究」
  • 2.
    2015/04~2016/03
    厚生労働省老人保健健康増進等事業「平成27年度地域のインフォーマルセクターによる高齢者の生活支援、認知症高齢者支援に関する国際比較研究」
  • 3.
    2014/04~2015/03
    厚生労働省老人保健健康増進等事業「平成26年度高齢者の自立に向けた活動についての研究」
  • 4.
    2013/04~2014/03
    厚生労働省老人保健健康増進等事業研究「平成25年高齢者の健康長寿を支える社会の仕組みや高齢者の暮らしの国際比較研究」
  • 5.
    2009/09
    厚生労働省での政策担当官僚を対象とした講義:宮島老健局長、課長、課長補佐を対象として、日本の今後の政策展開に資することを目的にデンマークの高齢者福祉について講義。

研究課題・受託研究・科研費

  • 1.
    2017/04~
    エイジング・イン・プレイスとインフォーマル・サポートの意義に関する国際比較研究(研究代表) 基盤研究(C・一般) 
  • 2.
    2015/04~2018/03
    小規模多機能ならびに敵巡回随時対応の適正な計画と高齢期の地域居住に関する研究(研究分担者) 基盤研究(C・一般) 
  • 3.
    2013/04~2017/03
    巡回型24時間ケアの地域居住アウトカムと促進・阻害要因に関する実証的国際比較研究(研究代表) 基盤研究(C・一般) 
  • 4.
    2010/04~2013/03
    高齢者住宅における重度化対応に関する国際比較研究:住まいから分離されたケアの形(研究代表) 基盤研究(C/一般) 

講師・講演

  • 1.
    2018/07
    オランダ、イギリス、ドイツにおける持続可能な地域高齢者ケアの新パラダイムと日本への示唆(SSKセミナー)
  • 2.
    2018/06
    「認知症の人とすまい:研究者の視点から・地域居住Ageing in place」 (認知症ケア学会シンポジウム招待講演)
  • 3.
    2018/04
    新しい介護予防・生活支援総合事業 (通所B型)について(戸山未来・あうねっと総合事業B型受託のための勉強会)
  • 4.
    2018/04
    地域包括ケアから地域共生社会へ :デンマーク・オランダから見えてくるケアマネジメントへの示唆(新宿区ケアマネジャー協会総会記念講演)
  • 5.
    2018/03
    先進国の動向と日本の総合事業(NPO法人ワーカーズコープ勉強会)

受賞学術賞

  • 1.
    2014/05
    居住福祉学会賞

現在の専門分野

  • 高齢者福祉, 居住福祉, ソーシャルワーク, 老年学 (キーワード:地域居住)